育児・介護休業法

スポンサーリンク
労働基準法

令和4年度地方労働行政運営方針

令和4年4月1日、令和4年度地方行政運営方針が策定され、各都道府県労働局において、これを踏まえ、管内事情に即した重点課題及び対策等を盛り込んだ行政運営方針を取りまとめ、これに基づいた計画的な行政運営に努められたい旨の通知が発出されました。
育児・介護休業法

雇用環境・均等関係投稿記事 安全・安心 社労士投稿

今まで投稿した記事のうち雇用環境・均等関係投稿記事をまとめました。
育児・介護休業法

令和4年4月から中小企業でも義務化 ハラスメント防止対策の解説 社労士に相談 トラブル解決

 令和4年4月1日からハラスメント防止措置が中小企業にも適用になります。 なお、令和元年6月5日に「女性の職業生活における活躍の推進等に関する法律等の一部を改正する法律」が公布され、労働施策総合推進法、男女雇用機会均等法及び育児・介護休業法が改正されました。これに伴い、令和元年12月27日に関係省令が改正され、令和2年1月15日に指針が新設・改正されました。
育児・介護休業法

令和3年7月21日に改正雇用保険法施行規則が公布

令和3年7月21日に雇用保険法施行規則の一部を改正する省令が公布された。その概要は、①高年齢者被保険者(副業)②育児休業給付に係るみなし被保険者期間③有期雇用労働者に係る育児・介護休業取得要件緩和です。
育児・介護休業法

令和2年度厚生労働省委託事業職場のハラスメントに関する実態調査

パワハラ、顧客等からの著しい迷惑行為、妊娠・出産・育児休業等ハラスメント、介護休業等ハラスメント、就活等セクハラでは「件数は変わらない」の割合が最も高く、セクハラのみ「減少している」の割合が最も高く、方針の明確化と周知・啓発を実施している企業は8割程度だが、相談窓口担当者が相談内容や状況に応じて適切に対応できるための対応の割合は4割程度であった。
育児・介護休業法

育児・介護休業法 改正ポイントのご案内

令和3年6月、育児・介護休業法が改正されました。改正育児・休業法を解説します。改正概要は、男女とも仕事と育児を両立できるように、産後パパ育休制度(出生時育児休業制度)の創設や雇用環境整備、個別周知・意向確認の措置の義務化などです。
タイトルとURLをコピーしました