転倒予防・腰痛予防の取組 安全・安心 社労士投稿

労働安全衛生法

転倒予防・腰痛予防の取組

 「スベッチャダメよ!転倒予防 ムチャしちゃダメよ!腰痛予防」のキャンペーンを実施中!
こちらのキャンペーンでは、西川きよしがリーダーとなって、マヂカルラブリー、アインシュタイン、男性ブランコ、ぼる塾といった人気芸人が、転倒・腰痛予防の方法を分かりやすく紹介しています。 


啓発動画 ダイジェスト動画(上記画像をクリックすると厚生労働省公式YouTubeチャンネルに移動します。)

腰痛に関する情報はこちらもチェック!
 腰痛予防対策

啓発イベント・啓発動画・ポスター・リーフレット

啓発イベント

全国のイオンモールで啓発イベントを開催中です。

■内容
 職場での転倒や腰痛を予防するための注意喚起をよしもと芸人がわかりやすくお伝えします!
西川きよしの注意喚起メッセージや、マヂカルラブリー×インポッシブル・ひるちゃん、アインシュタイン×おいでやす小田、ぼる塾×とにかく明るい安村、男性ブランコ×サバンナ・八木によるオリジナル動画で分かりやすくお伝えします!

イベント会期中はリーフレットやオリジナルステッカーも配布します!

■感染症予防のための注意事項
 新型コロナウイルス感染症をはじめとする感染症予防対策といたしまして、イベントへご来場いただく皆さまには以下の注意事項にご協⼒をお願いいたします。
・マスクの着用をお願いしております。
・手指消毒にご協⼒ください。
・発熱症状のあるお客さまは恐れ入りますがご参加を控えて頂きますようお願い申し上げます。
・今後の状況の変化に伴い、イベントの中⽌・内容を変更させていただく場合がございます。

【注意事項】
※当日はスタッフの指示に従ってお楽しみください。

啓発動画


滑り対策(上記画像をクリックすると厚生労働省公式YouTubeチャンネルに移動します。)

つまずき対策(上記画像をクリックすると厚生労働省公式YouTubeチャンネルに移動します。)

踏み外し対策(上記画像をクリックすると厚生労働省公式YouTubeチャンネルに移動します。)

腰痛対策(上記画像をクリックすると厚生労働省公式YouTubeチャンネルに移動します。)

ポスター・リーフレット

  
ポスター及びリーフレット

啓発資料・リーフレット・動画(ご自由にダウンロードしてご活用下さい)

リーフレット

転倒予防チェックリスト

教材

資料をダウンロード後、スライドショーを実行してください。

動画

転倒予防に係る動画を掲載しています。

~転倒・腰痛予防!「いきいき健康体操」~
(4分15秒)
(令和元年度厚生労働科学研究費補助金 労働安全衛生総合研究事業「エビデンスに基づいた転倒予防体操の開発およびその検証」の一環として製作)

STOP!転倒災害プロジェクト

厚生労働省と労働災害防止団体は、労働災害のうちで最も件数が多い「転倒災害」を減少させるため、「STOP!転倒災害プロジェクト」を推進しています。

10月10日は「転倒予防の日」、 職場での転倒予防に取り組みましょう!

~転倒による労働災害が多発しています~

 10月10日は日本転倒予防学会が制定する「転倒予防の日」です。
 このたび、厚生労働省と消費者庁は、日本転倒予防学会と協力して、「転倒予防の日」を契機に、国民に対する転倒予防の呼びかけを行うこととしました。
 
 職場での転倒災害は、令和2年で30,929件(休業4日以上)と労働災害で最も多く、近年増加傾向にあります。今年も前年同期比で約2割増(令和3年9月速報値)と大きく増加しています。転倒災害は、その約6割が休業1か月以上と重症化するものも多く、特に50代以上の女性で多く発生しています。
 転倒予防は、女性や高齢者が益々活躍できる社会の実現のためにも、大変重要な課題です。
 
 事業者の皆さまにおかれては、「転倒予防の日」を契機に、下記の広報資料を参照の上、事業場での転倒予防の取組を実施していただくようお願いします。
 
 なお、厚生労働省では、下記参考のとおり、労働災害が特に増加傾向にある小売業(食品スーパー及び総合スーパー)及び介護施設の業界団体に対し、転倒予防の取組を含め労働災害防止の取組の実施を要請しています。

■ 厚生労働省の広報資料
資料1 転倒災害発生状況
資料2 リーフレット「事業主の皆様へ 安全・安心な職場づくりに取り組みましょう」
資料3 厚生労働省・日本安全靴工業会・日本プロテクティブスニーカー協会作成リーフレット「転倒予防のために適切な靴を選びましょう!」
資料4 転倒・腰痛予防体操(YouTubeにリンクしています。)
資料5 小売業向け資料
 ・小売業の労働災害発生状況
 ・厚生労働省・日本転倒予防学会作成リーフレット(注意喚起用ミニポスター)「店頭での転倒に要注意」
 ・リーフレット「小売業事業主の皆さまへ 安全・安心な施設づくりに取り組みましょう」
資料6 介護施設向け資料
 ・社会福祉施設の労働災害発生状況
 ・厚生労働省・日本転倒予防学会作成リーフレット(注意喚起用ミニポスター)「介護中の転倒に要注意」
 ・リーフレット 「介護事業主の皆さまへ 転倒・腰痛のない施設をつくりましょう」
 ・リーフレット「職場における腰痛予防対策指針」を参考に介護職員の腰痛 対策に取り組みましょう
  (介護報酬でも、介護職員の負担軽減の観点から「職場における腰痛予防対策指針」が参考と位置付けられました!)
 ・リーフレット「保健衛生業向け腰痛予防動画サイトへようこそ」

■ 消費者庁の広報資料
資料7 消費者庁チラシ「毎日が#転倒予防の日~できることから転倒予防の取り組みを行いましょう~」(令和3年10月6日掲載予定)
資料8 消費者庁注意喚起「10月10日は「転倒予防の日」、高齢者の転倒事故に注意しましょう!~転倒事故の約半数は住み慣れた自宅で発生しています~」(令和2年10月8日)
資料9 政府広報「たった一度の転倒で寝たきりになることも。転倒事故の起こりやすい箇所は?」(令和3年6月21日)

■ 参考
令和3年9月29日報道発表「三原副大臣から労働災害が増加傾向にある小売業、社会福祉施設、陸上貨物運送事業の業界団体への協力要請を行いました」PDFフ

タイトルとURLをコピーしました