STOP!熱中症

労働安全衛生法

令和4年「STOP!熱中症 クールワークキャンペーン」を実施します

~今年は、緊急時の対応体制の整備、暑熱非順化者の把握、WBGT値の実測に着目~  厚生労働省は、職場における熱中症※1予防対策を徹底するため、労働災害防止団体などと連携し、5月から9月まで、「STOP!熱中症 クールワークキャンペーン」を実施します。

●「STOP!熱中症 クールワークキャンペーン」概要

 厚生労働省は、労働災害防止団体などと連携し、事業場への熱中症予防に関する周知・啓発を行う他、熱中症に関する資料やオンライン講習動画等を掲載しているポータルサイトを運営します。
 また、周知、啓発に当たっては熱中症発生時に速やかに適切な対応を行うために必要な「初期症状の把握から緊急時対応までの体制整備」、熱中症の発症リスクの高い作業者に対応するために必要な「暑熱順化が不足している※2と考えられる者の把握」、熱中症を発生させないために必要な「WBGT値※3の実測とその結果を踏まえた対策の実施」について重点的に呼びかけます。

●「令和3年職場における熱中症による死傷災害の発生状況(速報値)」

 令和3年の速報値では、死亡を含む休業4日以上の死傷者数は547人、うち死亡者数は20人となっています。業種別にみると、死傷者数については、全体の約4割が建設業と製造業で発生しています。また、死亡者数は、「建設業」、「商業」の順に多く、被災者の救急搬送が遅れた事例が見られます。また、入職直後や夏休み明けで暑熱順化が不十分とみられる事例(死亡災害20件中9件)や、WBGT値を実測せず、その結果としてWBGT基準値に応じた措置が講じられていなかった事例(死亡災害20件中、日頃からWBGT値を実測していたことが確認された事例は5件のみ)なども含まれています。

※1 熱中症とは
高温多湿な環境下において、体内の水分と塩分(ナトリウムなど)のバランスが崩れたり、体内の調整機能が破綻するなどして、発症する障害の総称。めまい・失神、筋肉痛・筋肉の硬直、大量の発汗、頭痛・気分の不快・吐き気・嘔吐(おうと)・倦怠(けんたい)感・虚脱感、意識障害・痙攣(けいれん)・手足の運動障害、高体温などの症状が現れる。

※2 暑熱順化の不足とは
暑熱環境下での作業に身体の体温調節や循環の機能が慣れていないこと。入職直後や夏季休暇明けの者は暑熱順化の不足が疑われ、熱中症の発症リスクが高い。

※3 WBGT値とは
気温に加え、湿度、風速、輻射(放射)熱を考慮した暑熱環境によるストレスの評価を行う暑さの指数。

令和3年の取組状況

―熱中症予防対策の徹底を図ろう―

 令和3年5月~9月職場における熱中症により、毎年約20人が亡くなり、約1,000人が4日以上仕事を休んでいます。夏季を中心に「STOP!熱中症クールワークキャンペーン」を展開し、職場での熱中症予防に取り組みましょう!

確実に実施できるかを確認し、チェックを入れましょう!準備期間(4月1日~4月30日)

□ WBGT値の把握の準備
 JIS 規格「JIS B 7922」に適合したWBGT指数計を準備しましょう。
□ 作業計画の策定など
 WBGT値に応じて、作業の中止、休憩時間の確保などができるよう余裕を持った作業計画をたてま しょう。
□ 設備対策・休憩場所の確保の検討
 簡易な屋根の設置、通風または冷房設備やミストシャワーなどの設置により、WBGT値を下げる方 法を検討しましょう。また、作業場所の近くに冷房を備えた休憩場所や日陰などの涼しい休憩場所を確保しましょう。
□ 服装などの検討
 通気性の良い作業着を準備しておきましょう。身体を冷却する機能をもつ服の着用も検討しましょう。
□ 教育研修の実施
 熱中症の防止対策について、教育を行いましょう。
□ 労働衛生管理体制の確立
 衛生管理者などを中心に、事業場としての管理体制を整え、必要なら熱中症予防管理者の選任も行いましょう。
□ 緊急時の措置の確認
 体調不良時に搬送する病院や緊急時の対応について確認を行い、周知しましょう。

キャンペーン期間(5月1日~9月30日)

STEP1

□ WBGT値の把握
 JIS 規格に適合したWBGT指数計でWBGT値を測りましょう。

STEP2

 準備期間中に検討した事項を確実に実施するとともに、測定したWBGT値に応じて次の対策を取りましょう。

□ WBGT値を下げるための設備の設置
 準備期間に検討した設備、休憩場所を設置しましょう。休憩場所には氷、冷たいおしぼり、シャワー等や飲料水、塩飴などを設置しましょう。準備期間に検討した通気性の良い服装なども着用しましょう。
□ 休憩場所の整備
□ 通気性の良い服装など
□ 作業時間の短縮
 WBGT値が高いときは、単独作業を控え、WBGT値に応じて作業の中止、こまめに休憩をとるなどの工夫をしましょう。
□ 熱への順化
 暑さに慣れるまでの間は十分に休憩を取り、1週間程度かけて徐々に身体を慣らしましょう。特に、入職直後や夏季休暇明けの方は注意が必要です!
□ 水分・塩分の摂取
 のどが渇いていなくても定期的に水分・塩分を取りましょう。
□ プレクーリング
 休憩時間にも体温を下げる工夫をしましょう。
□ 健康診断結果に基づく措置
 ①糖尿病、②高血圧症、③心疾患、④腎不全、⑤精神・神経関係の疾患、⑥広範囲の皮膚疾患、⑦感冒、⑧下痢などがあると熱中症にかかりやすくなります。医師の意見をきいて人員配置を行いましょう。
□ 日常の健康管理など
 前日のお酒の飲みすぎはないか、寝不足ではないか、当日は朝食をきちんととったか、管理者は確認しましょう。熱中症の具体的症状について説明し、早く気付くことができるようにしましょう。
□ 労働者の健康状態の確認
 作業中は管理者はもちろん、作業員同士お互いの健康状態をよく確認しましょう。

STEP3

 熱中症予防管理者等は、WBGT値を確認し、巡視などにより、次の事項を確認しましょう。

□ WBGT値の低減対策は実施されているか
□ 各労働者が暑さに慣れているか
□ 各労働者は水分や塩分をきちんと取っているか
□ 各労働者の体調は問題ないか
□作業の中止や中断をさせなくてよいか
□ 異常時の措置~少しでも異変を感じたら~
・いったん作業を離れる
・病院へ運ぶ、または救急車を呼ぶ
・病院へ運ぶまでは一人きりにしない

重点取組期間(7月1日~7月31日)

□ 実施した対策の効果を再確認し、必要に応じ追加対策を行いましょう。
□ 特に梅雨明け直後は、WBGT値に応じて、作業の中断、短縮、休憩時間の確保を徹底しましょう。□ 水分、塩分を積極的に取りましょう。
□ 各自が、睡眠不足、体調不良、前日の飲みすぎに注意し、当日の朝食はきちんと取りましょう。
□ 期間中は熱中症のリスクが高まっていることを含め、重点的に教育を行いましょう。
□ 少しでも異常を認めたときは、ためらうことなく、病院に搬送しましょう。

タイトルとURLをコピーしました